スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【涙涙の結婚式】鬼嫁日記7【前編】

思い出すと涙が出てくる・・・

6月11日 (土曜日) 快晴

朝6時に目覚めた私は、落ち着いてタバコに火をつけた。
ようやく今日が来たか・・
下の階ではもうバタバタと騒々しい。
円熟家長男の私が嫁をもらうとあって、家族・親戚・近所が総出となる。田舎の結婚式は何かと大変なのである。
昔ながらのしきたりはもう無いが、本家であるためにそうなるのかもしれない。


挨拶に来てくれた方々に頭を下げ、専用の迎えのタクシーに乗る両親と私。正装の両親を見てようやく実感が沸いてきた。


式場へ向かう道中、嫁は何を想っていたのだろう。


式場に着くと、私達や親に安らぐ時間など無い。怒涛のような過密スケジュールのスタートとなるのだ。
結婚式というものは分刻みで進行されていくことがほとんどだと思う。チャペルの練習も開始30分前に行った。

おごそかな雰囲気の中チャペルが始まる。

聖歌を歌い指輪の交換もした。しかし誓いのキスだけは・・・






おでこにした。。(口にしたらその場で帰ると言われた為)

チャペルが終わると、みんな花びらを撒いてくれ、盛大な拍手と笑顔で祝福してくれた。
みんなの顔をようやく見ることができ、緊張が少しほぐれた自分に気付く。

だが、ここからがある意味本番である。そう「披露宴」が始まるのだ。前作にも書いたように(※鬼嫁日記5参照)私はロマンチストである。
練りに練った計画であったはずのプロポーズが大失敗に終わり、名誉挽回のために、今度は練りに練りに練りに練った計画を実行するのだ!



そう・・全ては嫁の流す涙を見る為に・・・



~~~~~結婚式3ヶ月前~~~~~~~~~

この頃から、司会者・式場の担当の人・自分達2人を含めての打合せが行われるようになる。
お互い仕事の合間を縫っての打合せとあって、限られた時間の中で、非常に細かい所まで決めれるように話し合っていった。

真剣に打合せをする嫁。

そりゃ一生に一度の結婚式ですから真剣になるわな。これだと金額はいくらになる?これ入れると時間間に合う?などなど。

嫁が真剣に打ち合わせてるのとは裏腹に、話半分ぐらいで聞いてる俺。

「黒君!ちゃんと聞いてるの?少しは真面目に考えてよ!」

なんて言われた事もあったな。黒子(仮名)には申し訳ないが、これは感動のフィナーレを迎える為の布石なのだよ。少しぶっきらぼうな態度で打合せしてるのも承知の上なのである。




「全ては水面下で動いている」






オイオイ・・サスペンスドラマか!?みたいな事を言ってるが、マ・ジ・で・あ・る。

仕事と偽り一人で打合せ。友達と会うと偽り一人で打合せ。嘘ついてゴメンよ(´・ω・`)目の前に開いている当日のスケジュールは、9割合ってるが1割違う。今度こそはその1割に全てを賭けるのだ!
そうです。黒子とのロマンチックな結婚式を創り上げるために、水面下でコツコツと内緒の打合せをしていたのだ!!


俺カクイイ・・・



最後の最後にドカ~ン!とサプライズを投入するのである。
フ・・楽しみだ・・

覚悟も決めた。用意するものもOK。時間の計算も完璧だ。

では、結婚式の話に戻るとしましょう。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


「新郎新婦の御入場です~」

大きな扉を開けると、両家合わせて総勢100名の方々が迎えてくれた。
「黒子きれい~~」
「黒おめでと~~」
決まり文句とはいえ、実際言われると照れるものだ。
ゆっくりと壇上へ向かい、一礼をして席に着く。
しかしここからが・・・
来賓祝辞がなげ~~~~~~~~(#゚Д゚)ゴルァ!!
乾杯の挨拶がなげ~~~~~~~~~~(#゚Д゚)ゴルァ!!
ようやく乾杯にこぎつけたと思いきや、今度はビールを注がれる×2(´Д`;)
もったいないけど、酔うわけにはいかないので下に隠してあるバケツに捨てた。。

ワイワイと式が進む。嫁のお色直しや姪っ子からの花束贈呈。友人からの手紙や余興も感動したなぁ・・

中盤を迎え、個人的に楽しみにしていた「ケーキカット」が始まった。

昔の主流だった3Mぐらいのケーキはもう流行らないらしく、今の主流は1段の長方形みたい。それにいちごやチョコレートなどでデコレーションするようだ。

司会者「それではケーキ入刀です!!」

BGMに合わせて、ゆっくりと手を合わせて入刀する2人。
ケーキカットすると同時にフラッシュと拍手喝采が沸き起こる。
いや~実に楽しい(・∀・)



司会者「では旦那様、このスプーンで奥様にケーキを食べさせてあげてくださ~い」


そう言われて小さいスプーンを差し出された。少々照れくさいが嫁にア~~ンをして食べさせた(´∀`*)ウフフ


司会者「では今度は奥様。旦那様に食べさせてあげてくださ~い」

マジカ!!

一生のうち最初で最後であろう「ア~~ン」をしてもらえるの??これには驚いた。司会者さん俺に内緒にしてたな・・・・GJGJGJGJ!

そう言いながら嫁にスプーンを手渡した。




ΣΣ(゚Д゚;)!?




そ・・れ・・はスプーンと呼べるのですか?しゃもじ並みに大きくないですか??

オイオイオイオイ・・・聞いてないよぉ~~~~~~!
直径5cmはあるじゃな~~~い!

周りがそのスプーンを見て爆笑する中・・・・・・嫁を見た。








(☆∀☆)キラーン



後編へ続く・・・
スポンサーサイト

テーマ : 日々のこと - ジャンル : 結婚・家庭生活

コメント

No title

うわ~、続きがむっちゃ気になる><;;

No title

まず。
誕生日おめでとう!!(´ー`)
(リボフレでは送信済みだねw)

ん~シャモジ・・・やはり黒子さんのが"上手(うわて)"ですなww

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。