スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼嫁日記 2話(再UP)

最近めっぽう寒くなった。。もう年越す時期だから当たり前ですね。
みんな知ってるかな?見た事はあるはず。

『もこもこ靴下』

である。

これは非常に優れものである。人の体は、足が温かければ体も温かくなる仕組みになっているようだ。したがって、部屋が若干寒くても足元が暖かければ乗り切ることができるのである。たくさん重ね着するのも手だが、一度お試しあれ。

昨年結婚するまでは、そのような靴下は履いたことが無かった。いや、あえて履かなかったのかもしれない。男がそんなもの・・・などという妙なプライドが邪魔をしていたに違いない。

ではなぜ履くようになったのか?

答えは簡単

「部屋を追い出された」のである(´・ω・`)

現在は、暖房器具のないタンスが置いてある部屋?が自室となった。おっと、御幣があるといけないので補足。私はやましい事は一切してない。

「横でカタカタとPC触られたら寝られない!」

が理由だそうだ。実に明確な理由のように聞こえるが、私が寝ている真横でドライヤー全開で髪を乾かしたり、足が冷たいとの理由で、就寝中にいきなり服の中に足を突っ込んでくるのは有りなのか?これはお互い様ではないのか?

何度かこれらを理由に交渉した事がある。俺だってヒーターのある部屋にいたい!

でも答えはいつも同じ

「無い」「何が?」「だから?」

また意味不明な返答を、水戸の印籠のようにこれでもかと出してくる。会話など成り立たない。いや、成り立たないようにしているのかもしれない。私はこれを「三種の神器」ならぬ「三種の言葉」と言っている。

このような理不尽がまかり通るのが円熟家なのかもしれない。

寒い部屋でカチャカチャとWRをしてる俺。

自腹でヒーターを買おうとも思ったが、湿気でタンスの中にある着物がダメになってしまうので却下された。嫁の母親からの贈り物なので、こればっかりは仕方ない。。

寒い部屋でカチャカチャとWRをしてる俺。

ふとタンス部屋の扉が開いた

「これ履いてると体温まるよ?」
「好きなの選べばいいよ^^」


嫁のささやかな心遣いに感極まる俺がいた。
俺のために『もこもこ靴下(遠赤外線)』を買ってきてくれたのである。
(買って来てくれた優しさよりも、選択権がある事の方が嬉しかったのかもしれない)

「うわぁ~どれにしようかな~・・・・どれに・・・ど・・・」

①赤地に白のハートマークのもこもこ靴下
②赤地に白のいちごマークの 〃
③白地に赤のいちごマー 〃


orz

皆さんなら何番選びます?

いやいや奥さん・・・もっとさぁ・・・緑とか青とかあるでしょ?
嫁は赤でもハートでもいいよ!俺はお・と・こ・ですよ!
聞いてみた。

「受容が多いみたいで売り切れだった」

青色も緑色も?

「売り切れて無かった」

ちょっとマテや(゚Д゚#)ゴルァ!!

これには怒った。つい先日、嫁が靴下を買ってきた店に私は行ってるのだ。忘年会の景品を買いにね。その靴下売り場も行った。大量にいろいろな靴下が陳列してありましたよ。ええ。
その事について言ってみたが「無い物は無い」。またもや視界の中に入っていながら見えなかったみたいだ。

仕方なく①番を選んだ。

まぁ家で履くだけだしな。。そう思いながら履いた。あ・温かい・・・
確かに遠赤外線が出てる!(ような気がした)

携帯をいじりながら、嫁も履いて喜んでる俺を見て嬉しかったようだ。

ただ「メールしながら会話するなよ・・・」とは思ったが、まぁ良しとするか。

「ちゃんと履いて立ってみて~」

だからメールし終わってから言えよ。。そう思いながら立ってみた。








カシャ!!









Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)





ん?カシャ!?



カ・カメラ起動してやがったのかぁ~~~~~~~~~~~~!


赤地に白のハートがちりばめられた靴下を履く俺。
写メで友人にばら撒かれた俺。

返信が来たようだ。

「可愛くて似合ってるよ♪円熟さん♪」

余計なお世話だ。゚(゚´Д`゚)゚。

頑張れ!俺!
スポンサーサイト

テーマ : 日々のこと - ジャンル : 結婚・家庭生活

コメント

あ・・・

キーボードカチャカチャwwww
WR禁止令の一要因が同じwwww
そうさ・・・女の主成分は、
ワ ガ マ マ 100% さ!!wwwwwwww

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。